剪定のやり方

 

パキラを長く育てていると株を大きくしたいとか、

 

好みの大きさにしたいと思うようになってきます。

 

その時に行うのが剪定です。

 

その他にも葉が多く茂りすぎると風通しが悪くなり病気が入る場合もあります。

 

その病気を押さえる目的で剪定を行う場合もあります。

 

 

パキラの剪定に適した時期

 

パキラの剪定に適した時期は5月から7月です。

 

でも、パキラは基本的に良く新芽が出てきます。

 

私の経験上、冬場以外であればいつ剪定しても新芽は出てきます。

 

さすがに冬場は生育が落ちてきますので剪定は避けて下さい。

 

 

パキラを剪定するときの注意点

 

パキラはどこを切っても切った脇から新芽が出てきます。

 

でも、パキラには成長点という新芽が出るところがありますので、

 

できれば成長点を考えて剪定した方が早く新芽が出てきます。

 

 

パキラの成長点は枝が落ちたあとや幹のポコッとなっている部分がそうです。

 

パキラ成長点

 

これは以前成長点の少し上で切ったので、成長点から枝が出ています。

 

パキラ成長点1

 

写真の赤で囲った部分が成長点です。

 

お好みの場所の成長点の少し上(3〜5cm)を剪定すればいいのです。

 

 

剪定したパキラはどうするの?

 

剪定したパキラは捨てていませんよね。

 

もし捨てていたとしたらもったいないことをしていましたね。

 

 

実はパキラは挿し木で増やすことが出来るのです。

 

剪定したパキラは捨てずに挿し木に使えば良いのです。

 

パキラを増やすことも出来ますし、なによりゴミも減りますので、

 

パキラを剪定したら是非挿し木に挑戦してみて下さいね。

 

 

スポンサードリンク