パキラの剪定ってどこをどう切れば良いの?目的ごとの剪定方法は?

パキラを育てていると、

 

枝が徒長してきたり、

 

葉が密集してくる場合があります。

 

 

枝の徒長はパキラの生育には影響しませんが、

 

間延びした感じがして

 

見た目が良くありません。

 

 

葉が密集してきた場合は注意が必要です。

 

それは葉が密集することで

 

空気の流れが悪くなり、

 

病気にかかってしまう場合があるからです。

 

 

でも、目的にあった剪定を行えば、

 

すっきりとした樹形に戻す事ができ、

 

病気を防ぐこともできます。

 

 

徒長した枝の剪定方法

 

まず、徒長した枝というのは

 

下の画像のように間延びした枝の事です。

 

パキラ徒長画像

 

 

これだと見た目が悪いですよね。

 

これを見た目よく剪定していきます。

 

 

剪定する箇所は

 

お好みのところで構いませんが、

 

成長点は注意して剪定して下さい。

 

 

パキラ画像

 

赤い線のところで剪定すると

 

赤の丸で囲った部分の成長点から

 

新芽が出てきます。

 

 

パキラから新芽が数本出た場合は

 

2本残して育てましょう。

 

 

葉が密集した場合の剪定方法

 

葉が密集すると空気の流れが悪くなり

 

病気にかかる可能性がありますので、

 

なるべく早く剪定するようにします。

 

 

パキラ画像

 

葉が密集した場合の剪定方法は

 

赤で囲った枝ごと剪定する方法と、

 

葉から伸びた小さな枝で

 

剪定する方法があります。

 

 

パキラ画像

 

枝が密集している場合は枝ごと剪定し、

 

そうでない場合は

 

葉と小さな枝で剪定するようにしましょう。

 

 

枝ごと剪定する場合は

 

成長点を考えるようにしましょう。

 

 

 

終わりに

 

パキラの剪定ってどこをどう切れば良いの?

 

目的ごとの剪定方法は?を紹介しました。

 

 

パキラは冬越しをすると高い確率で

 

徒長します。

 

 

徒長したパキラは見た目も悪いので、

 

剪定して樹形を整えます。

 

 

徒長の他にも枝が多く密集してくると、

 

病気を防ぐために剪定します。

 

 

この他にも自分好みの樹形にするときも

 

剪定します。

 

 

剪定する時は成長点を考え剪定すると、

 

新芽も早く出てきます。

 

 

パキラの剪定をする場合は

 

参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク