3月は天気の良い日は太陽の日差しに当てましょう。

今日から3月。

 

パキラにつらい冬ももう少しで終わります。

 

 

4月になれば暖かい日が続くので、

 

寒さで枯れることもありません。

 

 

でも、3月はまだ寒い日がありますので、

 

油断しないように育てなければいけません。

 

 

冬の寒さで葉が枯れたりしているパキラも

 

あるかもしれません。

 

 

でも、前回紹介したように

 

新芽がでているようであれば問題ありません。

 

 

前回の記事は

 

下のリンクから読むことができます。

 

パキラの葉っぱが枯れてきてもこうなっていれば大丈夫!?

 

 

今日はパキラの育て方で、

 

今の時期にお勧めな方法を紹介します。

 

3月は天気の良い日は太陽の日差しに当てましょう

 

パキラ直射日光に当てる

 

パキラの育て方で今の時期にお勧めな方法は

 

天気がいい日は太陽の日差しに

 

当てることです。

 

 

真夏の太陽の日差しは強すぎて、

 

葉焼けなどを起こしますので、

 

真夏は直射日光には当てません。

 

 

今の時期の太陽の日差しはちょうど良いので、

 

天気がいい日はパキラを窓際に移動させ、

 

直射日光に当たるようにします。

 

 

パキラは光合成をすることで生きています。

 

冬の時期は日照時間も短く、

 

そして寒い時期だったのでパキラには、

 

育ちづらい環境だったのです。

 

 

パキラは日差しも十分に受けられず

 

弱っています。

 

 

そこで今の時期(3月はじめ)は

 

太陽の日差しもそんなに強くないので、

 

晴れて天気のいい日は

 

窓越しに太陽の日差しをあてるようにします。

 

 

こうすることで冬の日照不足、

 

寒さで弱っていた

 

パキラも元気を取り戻します。

 

パキラ元気を取り戻す

 

 

直射日光に当てるときは、

 

1日で乾く位の水の量を

 

スプレーで鉢の表土が湿る程度与えます。

 

 

この時、葉水は絶対に与えないようにします。

 

レンズ効果で

 

葉が焼けてしまう可能性があります。

 

 

そして今まで太陽の日差しに

 

当たっていないので、

 

長時間当てずに

 

2〜3時間程度で取り込むようにします。

 

 

こうすると冬の寒さで弱っていたパキラも

 

元気を取り戻します。

 

 

この時、注意することは

 

水を与えすぎない事と、

 

直射日光に長時間当てないことです。

 

 

この2点さえ注意すれば

 

パキラは元気になります。

 

 

パキラにつらい季節は、

 

あと少しで終わります。

 

 

あと2〜3週間もすれば

 

寒さで枯れることはなくなりますので、

 

あとほんの少しの期間、

 

気を抜かずに育てるようにしましょう。

スポンサードリンク