パキラが枯れる原因とは?ここに注意すれば枯れない!?

 

パキラ画像

 

パキラは比較的育てやすい観葉植物になります。

 

でも、育て方によっては枯れてしまう場合があります。

 

そこでパキラの枯れる原因について書いてみたいと思います。

 

 

水やりの失敗

 

パキラ水やり画像

 

パキラなどの観葉植物を枯らしてしまう一番の原因がこの水やりによるものです。

 

水は観葉植物にとってなくてはならないものです。

 

でも、少なすぎたり多すぎたりしては枯れてしまいます。

 

パキラの生育環境や季節ごとにあった正しい水のやり方が必要になります。

 

水の管理はパキラを元気に保つうえで非常に大事なことです。

 

季節にあった水のやり方を身につけ対処していきましょう。

 

季節にあった水やりは下記リンクページを参照してください。

 

季節にあった水のやり方

 

 

根腐れ

 

パキラの枯れる原因の一つに根腐れがあります。

 

この根腐れを起こす原因も先ほどの水やりによるものがほとんどです。

 

鉢の中にまだ十分な水分があるのにまた水を与えてしまう事で、

 

鉢の中が高湿度になってしまいます。

 

高湿度に長い間さらされるとパキラの根が腐ってしまうのです。

 

これを防ぐためには季節にあった水やりを行う必要があります。

 

季節にあった水のやり方

 

 

根詰まり

 

根詰まりもパキラが枯れる原因になります。

 

長い間同じ鉢で育てているとパキラの根が鉢全体にまわり根詰まりを起こしてしまいます。

 

根詰まりを起こすと水分や養分などを十分吸い上げられないようになり枯れてしまいます。

 

根詰まりを防ぐためには植え替えしかありません。

 

パキラのサイズに対して小さい鉢や、

 

数年同じ鉢で育てている場合は植え替えるようにしましょう。

 

パキラの植え替え方は下記リンクページを参照してください。

 

パキラと植え替え | 植え替えのやり方

 

 

ハイドロカルチャー

 

カラーゼオライト

 

ハイドロカルチャーにして枯れる場合の多くは管理方法を間違えているからです。

 

ハイドロカルチャーは土を使わずに育てますので、

 

土を使った育て方とは大きく変わってきます。

 

それを土と同じ管理方法で育ててしまうので枯れてしまうのです。

 

ハイドロカルチャーにはハイドロカルチャーにあった育て方があります。

 

ハイドロカルチャーの管理方法は下記リンクページを参照してください。

 

ハイドロカルチャーの管理方法 | 水やりと肥料

 

 

置き場所

 

パキラが枯れるのは光の当たらない暗い部屋で育てることも原因です。

 

パキラは比較的暗い部屋でも育つことはできますが、

 

やはり植物なので太陽の光は必要になります。

 

明るい場所に移動するか、一週間に1日程度は明るい場所に置くようにして下さい。

 

パキラ画像

 

この時、直射日光に当てないように注意して下さい。

 

直射日光に当ててしまうと葉焼けを起こしてしまいます。

 

パキラの葉焼けについては下記リンクページを参照してください。

 

パキラの葉が焼けてしまいました。

 

 

まとめ

 

パキラは比較的育てやすい観葉植物です。

 

でも、いくら育てやすいといっても間違った育て方をしていたのでは、

 

枯れてしまいます。

 

せっかくのパキラを枯らさないためにも上に書いた方法を実践して下さい。

 

 

スポンサードリンク