ハイドロカルチャーとは

 

ハイドロカルチャーとは土を使わない栽培方法の事をいいます。

 

ハイドロボールなどの多孔性のものを使いそこに水をため栽培します。

 

ハイドロカルチャーの材料

 

ハイドロカルチャーは土を使わずに栽培します。

 

カラーゼオライト赤

 

土の代わりになるものは、ハイドロボール、カラーサンド、カラーゼオライト、

 

木炭、吸水性ポリマーなどです。

 

 

ハイドロカルチャーのメリット

 

ハイドロカルチャーのメリットは土を使わずに栽培するので、

 

清潔で虫もつきにくくなります。

 

ハイドロボールのように多孔性のものを使うので、水やりの回数が少なくてすみます。

 

ガラスの器とカラーサンドなどを使えばカラフルで見た目もキレイです。

 

カラーゼオライト青

 

 

ハイドロカルチャーのデメリット

 

水質が悪くなると根腐れを起こしやすくなります。

 

土を使わないので温度管理と肥料の加減が難しくなります。

 

大きな植物には適した栽培方法ではありません。

 

 

まとめ

 

ハイドロカルチャーは土を使わない事がメリットとなりデメリットにもなります。

 

夏場は直射日光の当たらないところにおいておかないと、

 

急激な温度変化で枯れてしまう場合があります。

 

冬場も同様で温度管理に気を使う必要があります。

 

 

でも、そこさえ注意すれば水やり回数も少なく、

 

見た目も綺麗なのでインテリアにはピッタリだといえます。

 

スポンサードリンク