初心者必見!パキラを育てる上で押さえておきたい5つのポイントとは?

 

パキラ

 

パキラなどの観葉植物を初めて育てる方は、

 

2日おきに水をあげなければいけないとか、

 

肥料は二月に1回必ず与えなければいけないなど、

 

パキラをきっちりと育てなければいけないと思っている方が多いようです。

 

 

そういえば昔の私もそう思っている時期がありました。

 

私はパキラを育てて、もう十数年経ちます。

 

おかげさまでパキラは今も元気に育っています。

 

 

私も最初の頃はパキラの管理はきっちりやらないといけないと思っていました。

 

でも、育てていくうちに、

 

そんなにきっちりじゃなくてもいいんだと分かってきました。

 

 

もちろん、押さえなければいけないポイントはありますよ。

 

逆にいうと、そこさえ押さえていれば、

 

ある程度は手抜き(言い方悪いですが)しても大丈夫だという事です。

 

 

そこで今日はパキラを育てていく上で

 

押さえておきたいポイントを紹介します。

 

パキラを育てる上で押さえないといけない5つのポイントとは?

パキラを育てる上で重要なポイントは次の5つがあります。

 

  1. 水やり
  2.  

  3. 植え替え
  4.  

  5. 剪定
  6.  

  7. 温度管理
  8.  

  9. 肥料

 

それではそれぞれを見ていきましょう。

 

パキラの水やり

 

パキラ水やり

 

初心者の方が失敗することが多いのがこの水やりです。

 

そしてパキラが枯れる原因の一つにもなっています。

 

多くは水のやりすぎが多いようです。

 

 

パキラの根から吸収する以上の水をやり続けることにより、

 

鉢の中は水気が多い状態になります。

 

こういう状態が長く続くとパキラは根腐れを起こし枯れてしまいます。

 

 

パキラには季節にあった水やり方法がありますので、

 

それにあった水やりを行えば枯れることもありません。

 

パキラの育て方 | 季節にあった水のやり方

 

パキラの植え替え

 

パキラ植え替え

 

植え替えはパキラなどの観葉植物を育てていると、

 

必ず行わなければいけない事の一つです。

 

 

パキラを同じ鉢でずっと育てていると、

 

根が鉢全体に回り最終的には根詰まりを起こして枯れてしまいます。

 

そこで根詰まりを防ぐためにも植え替えの作業を行うのです。

 

 

でも、パキラの植え替えには適した時期というものがあります。

 

この時期以外にパキラを植え替えてしまうと、

 

これもまた枯れる原因となってしまうのです。

 

 

パキラの植え替えに適した時期など、

 

パキラの植え替えに関した記事は以前書いていますので、

 

そちらをご覧ください。

 

パキラの植え替え

 

 

パキラの剪定

 

パキラ剪定

 

パキラは剪定しないと、どんどん上へ上へと伸びていきます。

 

私も以前、パキラを剪定しないと

 

どうなるのかを確かめた時はパキラが天井についたことがあります。

 

パキラ徒長

 

パキラの背は高いのですが、

 

幹はそんなに大きくはありません。

 

それに見た目も悪いので剪定しました。

 

 

このようにパキラには剪定する作業が必要になります。

 

パキラの剪定には時期と位置があります。

 

それを無視してパキラを剪定してしまうと、

 

最悪枯れることもありますので注意が必要です。

 

 

パキラの剪定に関する事は以前書いていますので、

 

こちらをご覧ください。

 

パキラの育て方 | 剪定のやり方

 

 

パキラの温度管理

 

パキラは観葉植物の中でも強く、

 

比較的育てやすい観葉植物になります。

 

 

日本では春先から秋にかけては温度管理もそんなに気を使う必要はありません。

 

この時期は温度管理というよりも、

 

水やりの方が重要になってきます。

 

 

パキラを育てていく上で温度管理が重要になってくるのは、

 

冬の時期になります。

 

日本の冬は氷点下に下がってしまうことも良くあります。

 

 

パキラを育てていく上で必要な最低温度は5度前後なので、

 

冬場の温度管理は非常に重要になってきます。

 

 

パキラの冬の育て方は以前書いていますので、

 

こちらをご覧ください。

 

パキラの育て方 | 冬の育て方のちょっとしたコツ

 

 

パキラの肥料のやり方

 

パキラの肥料

 

パキラは肥料を与えすぎるとどんどんと新芽を出し、

 

最終的には樹形がおかしくなってしまいます。

 

 

必要のないところに枝や葉っぱが出たりします。

 

これでは見た目も悪くなってしまいます。

 

 

観葉植物を部屋に置くのはインテリアとしておきます。

 

という事は見た目を重視しているということになります。

 

見た目を重視しているのに、

 

パキラの樹形がおかしくなっていたら見た目も悪いですよね。

 

そこで肥料を管理することが必要になってきるのです。

 

 

パキラには適切な肥料を与えることで、

 

キレイな樹形を保つことができます。

 

 

パキラに適切な肥料の与え方は以前書いていますので、

 

こちらをご覧ください。

 

パキラの育て方 | パキラに肥料をあげよう

 

 

終わりに

 

パキラを育てていく上で重要な5つのポイントを説明しました。

 

このポイントを押さえておくと、

 

多少手抜きしたところでパキラは枯れることはありません。

 

 

今からの時期は水やりさえしっかりとやっていれば、

 

問題ない時期になります。

 

 

暖かくなるので当然、温度管理はそこまで必要ではありません。

 

その代わりこの時期は直射日光による葉焼けが起こりやすいので、

 

直射日光には注意するようにします。

 

 

あまりにも強い太陽光線がパキラに当たる場合は、

 

レースのカーテンなどで遮光するようにしましょう。

 

パキラとレースのカーテン

 

 

この時期がパキラを育てやすいと言っても、

 

もちろん、30度を超すような真夏日に、

 

何日も水を与えないと枯れてしまいます。

 

 

厳密に2日おきに与えなくてはいけないという事はありませんが、

 

表土が乾いてきたらたっぷりの水を与えるようにしましょう。

 

 

これから季節はパキラが一番元気な時期なので、

 

手抜きしつつしっかりと育てましょう。

 

 

スポンサードリンク