パキラに元気がありません、根腐れでしょうか?

 

パキラの枝

 

質問

 

パキラに元気がありません、根腐れでしょうか?

 

 

答え

 

根腐れの一番の原因は水のやりすぎによるものです。

 

土の中の水分が乾ききらないうちに水を与え続けてしまうと、

 

鉢の中が多湿になり根腐れを起こしてしまいます。

 

この他にも根詰まりによる根腐れもあります。

 

編み込んであるパキラはもともと数本のパキラを編んでいるもので、

 

1本のパキラではありません。

 

そのためパキラの株同士の密集で根詰まりを起こしてしまいます。

 

そこに許容量以上の水を与えてしまうと根腐れを起こしてしまいます。

 

 

初期の根腐れ対策

 

根腐れの初期段階は鉢から異臭がするので分かりやすいと思います。

 

鉢から異臭がした場合は水やりをやめ、鉢の土を乾かして下さい。

 

土が乾くと根腐れも治ってきます。

 

 

中期の根腐れ対策

 

パキラの葉が黄色くなりしおれてきたら根腐れの中期段階です。

 

この時も初期と同じく水やりをやめ、鉢の土を乾かして下さい。

 

ここまでくると土が乾いても治らない場合があります。

 

その場合は植え替えて下さい。

 

 

末期の根腐れ対策

 

根腐れの末期はパキラの幹がぶよぶよとしてきます。

 

こうなってしまっては残念ながら元に戻す事はできません。

 

でも、まだ生きている部分がありますので、

 

その部分を挿し木にするとパキラを残すことが出来ます。

 

 

ぶよぶよとした幹は死んでしまっているので、

 

ぶよぶよしていないところから出来るだけ長く切ると、

 

パキラを多く残すことができます。

 

パキラの水挿し

 

挿し木は水でやる方法が簡単なので水差しにすると良いでしょう。

 

パキラの挿し木のやり方は下記のリンクを参照して下さい。

 

 

パキラと挿し木 | 水で挿し木する方法

 

 

スポンサードリンク