パキラの葉っぱが枯れてきてもこうなっていれば大丈夫!?

 

最近、寒い日が続きますね。

 

こう寒いとパキラなどの観葉植物にとっては辛い時期になります。

 

本来パキラなどの観葉植物は熱帯地方の植物だからです。

 

 

日本の冬は寒く部屋の温度が5度を下回る時もあります。

 

パキラなどの観葉植物は5度を下回ると枯れるおそれがあります。

 

 

今、パキラなどの観葉植物の葉っぱが黄色く変色し、

 

枯れてきている方もいると思います。

 

パキラの葉黄色変色

 

 

私が育てているパキラも葉っぱが黄色く変色し枯れているところもあります。

 

そして黄色く変色した葉っぱは落ちてしまいます。

 

このままいくと枯れてしまうのではないかと心配される方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

でも、下の写真のようになっていれば枯れることはありません。

 

パキラ新芽

 

この写真のように新芽が出てきていれば、

 

例え葉っぱが黄色く変色し落ちてしまっても大丈夫です。

 

パキラ葉っぱ枯れる

 

 

この時期、多少の葉っぱの変色は仕方ないと割り切るしかありません。

 

だって部屋の温度が5度を下回ってしまうので仕方のないことなのです。

 

でも、葉っぱが枯れて落ちても、

 

このように新芽が出てきているのであれば問題ありません。

 

パキラ新芽がでる

 

 

新芽が出るという事はパキラ自体には問題なく、

 

むしろ元気だと思っていいでしょう。

 

 

これが葉っぱが黄色く変色し枯れてきていて、

 

新芽も出てこないときの方が要注意なのです。

 

新芽が出てきていればパキラは生きていますからね。

 

 

新芽が出てきていないという事は寒さで弱っている可能性があります。

 

その場合はパキラの置き場所を見直さなければいけません。

 

日陰や窓際は寒さにさらされますので、

 

出来るだけ日の当たるところや部屋の中央の暖かい場所に移動します。

 

 

そして水やりも水を与えすぎず乾かし気味にするようにします。

 

水を与える場合も暖かい日の午前中に与え、

 

その日に乾ききるくらいの量にします。

 

 

今の時期は寒いので葉っぱが黄色く変色し落ちてしまいます。

 

でも、新芽が出てきているようであれば、

 

特に問題はないので今まで通りの管理で構いません。

 

 

新芽が出てこない場合は弱っている可能性がありますので、

 

置き場所や水やりの方法を変え対処するようにしましょう。

 

寒い時期もあと少しなのでパキラなど観葉植物の管理にも注意しましょう。

 

 

スポンサードリンク