パキラの育て方 | 冬の育て方のちょっとしたコツ

 

寒くなってきましたね。

 

こう寒くなってくるとパキラなどの観葉植物の管理が難しくなってきます。

 

今まで心を癒してくれていたパキラなどの観葉植物。

 

 

できれば枯らさずに春を迎えたいですよね。

 

そこで今日はパキラなどの観葉植物の冬の育て方のちょっとしたコツをお伝えします。

 

パキラ

 

 

パキラなどの観葉植物は熱帯地方などが原産地という事がほとんどです。

 

日本では春から秋にかけて育てるのは、

 

温度的には全く問題ありません。

 

水のやり方には注意する必要がありますが。

 

 

でも、これが冬となってくると温度的に厳しくなってきます。

 

パキラなどの観葉植物は生育にだいたい5度以上の温度が必要とされています。

 

日本では真冬になると部屋の中でも5度を下回る場合があります。

 

こうなってくるとパキラなどの観葉植物にとっては辛い環境となってきます。

 

そこで防寒対策が必要になってくるのです。

 

 

ずっとストーブなどの暖房器具をつけたままでいられる環境では、

 

葉水をこまめに与えたり水やりに気を付ければ大丈夫です。

 

 

でも、多くの家庭ではそうはいきませんよね。

 

そこでお勧めなのがパキラなどの観葉植物を寒さ避けのものでおおうことです。

 

ビニールハウスなどがあればそれが一番なのですが、

 

なかなかないですよね。

 

 

そこで利用するのが段ボールです。

 

段ボールは寒さをしのぐのには最適です。

 

冷気を通しませんからね。

 

 

パキラなどの観葉植物が小さいうちはこのように箱に入れ、

 

上から段ボールで蓋をすると良いでしょう。

 

パキラを段ボールに入れる

 

パキラなどの観葉植物が大きい場合は、

 

つぎはぎで作りおおってあげると寒さ対策になります。

 

 

たまにビニールの袋をかぶせる方がいますが、

 

これは絶対にやらないようにして下さい。

 

 

パキラなどの観葉植物は葉で呼吸をしています。

 

それをビニール袋でおおってしまうと呼吸がやりづらくなり弱ってしまいます。

 

 

パキラなどの観葉植物をおおう場合は段ボールが最適なのです。

 

段ボールであれば密閉度が低いので、

 

呼吸も楽に出来るのです。

 

 

このように日本でパキラなどの観葉植物を、

 

冬に育てる場合は寒さ対策が重要になってきます。

 

 

緑のある生活って落ち着くじゃないですか。

 

そのためにもパキラなどの観葉植物を枯らさないように、

 

冬の育て方にちょっとしたテクニックを使って管理しましょう。

 

これは簡単にできるのでお勧めですよ。

 

 

スポンサードリンク