冬に向けての準備

 

パキラ

 

これからだんだんと寒い日が続くようになってきます。

 

寒くなってくるとパキラの管理方法も変わってきますので、

 

これから寒くなってくる前にやっておかなければならない準備を紹介します。

 

 

水やり

 

冬場に水をやりすぎると寒さで根が傷み最悪の場合枯れてしまいます。

 

そこで冬場はあまり水をやらずに乾かし気味で育てるようにします。

 

そのため今の時期から少しずつ水やりを少なくしていきます。

 

 

少なくしていくのは回数ではなく、

 

一回に与える水の量を少なくしていきます。

 

春から夏にかけては土が乾いたらたっぷりの水を与えていました。

 

パキラ水やり

 

 

でも、今の時期(11月後半)は冬場に向けて、

 

水の量を少なくしていきパキラを慣らしていくと、

 

急激な環境の変化にはならないので冬場に枯れるリスクが減ります。

 

 

置き場所

 

今までの時期は極端な話、パキラをどこにおいていても、

 

滅多なことがないと枯れることはありませんでした。

 

それはパキラの生命力が強いからです。

 

 

でも、これから寒くなってくるとそうはいきません。

 

パキラはもともと中南米原産で寒さには強くありません。

 

気温が5度以下になってくると枯れる可能性がありますので、

 

5度以下にならないように管理します。

 

 

窓際に置いていた場合はできるだけ部屋の中央よりに置くようにします。

 

パキラ窓際

 

 

窓際は急激な温度変化が起こりやすいので、

 

出来るだけ窓際からは離すようにして下さい。

 

 

まとめ

 

パキラは強いので夏場はあまり気を遣わなかった水やりですが、

 

これから寒くなってくると水やりには十分気を付ける必要があります。

 

 

寒くなってくると水のやりすぎは枯れる原因になりますので、

 

水をやりすぎずに出来るだけ乾かし気味に育てるようにします。

 

置き場所も窓際からできるだけ離しておき、

 

急激な温度変化をなくすようにします。

 

 

人間も同じですが一番堪えるのは急激な変化です。

 

そこで急激な変化が起こらないように、

 

今の時期から準備しておくようにしましょう。

 

 

 

 

スポンサードリンク