木質化した枝で芽や根はでるのか?

 

パキラは挿し木で簡単に増やすことができます。

 

でも、挿し木で使うのは緑色をした新梢を使う場合が多いのです。

 

その理由は新梢の方が生命力が強いからです。

 

パキラ新梢画像

 

パキラはしばらくすると緑の部分は茶色くなり木質化していきます。

 

新梢に比べ木質化した枝は挿し木には不向きと言われています。

 

それは新梢に比べ生命力が弱いからです。

 

 

でも、木質化した枝でも、

 

パキラの挿し木に適した時期に、挿し木をすると芽も根も出てきます。

 

 

これは私が2週間ほど前に挿し木にしたものです。

 

新梢と木質化したものを挿し木にしてみました。

 

木質化したものを見てみると、新芽が2個でてきました。

 

パキラ挿し木新芽画像

 

水に浸けている部分をみてみると、ちょっと分かり辛いのですが、

 

発根してきています。

 

パキラ挿し木発根画像

 

このようにパキラは生命力が強いので挿し木で簡単に増やすことができます。

 

木質化した枝でもこのように新芽がでたり発根したりします。

 

これはパキラの挿し木にあった時期に行ったからです。

 

パキラの挿し木にあった時期は下記のリンクページをご参照ください。

 

パキラを挿し木で増やそう

 

 

パキラの木質化したものを挿し木にする場合は、

 

元気な枝を選びよく切れるハサミで細胞を壊さずにスパッと切り、

 

水挿しで挿し木にすると良いでしょう。

 

パキラ挿し木水挿し画像

 

パキラは生命力が強いので木質化した枝でも挿し木は出来ますが、

 

できれば新梢を使うようにすると成功率は上がります。

 

 

スポンサードリンク