パキラの枯れた葉っぱは切るの?

 

ようやく少しずつ暖かくなってきましたが、

 

冬の寒さでパキラの葉っぱが、

 

黄色く変色してしまった方も多いのではないでしょうか?

 

パキラ枯れた葉っぱ

 

 

その変色した葉っぱを放置しておくと見た目が悪く、

 

それにパキラがなんだか枯れていくような気がして不安になってしまいます。

 

 

それではパキラの枯れた葉っぱはどうすれば良いのでしょうか?

 

枯れた葉っぱだけを選定バサミで切るのでしょうか?

 

それとも軸ごと剪定バサミで切るのでしょか?

 

 

枯れた葉っぱだけを剪定バサミで切ってしまうと、

 

軸が残り小さなお子さんがいる家庭では、

 

目をついたりする可能性が出てきて非常に危険です。

 

 

それではどうするのかというと、

 

実はパキラは葉っぱが枯れて不要になると、

 

軸ごと簡単に取れるようになっているのです。

 

 

葉っぱの取り方は簡単です。

 

下の写真のようにパキラの軸を持ちます。

 

パキラ枯れた葉っぱ軸を持つ

 

 

そしてそのまま下に軽く引っ張ります。

 

すると不要な葉っぱであれば簡単に取れてしまうのです。

 

パキラ枯れた葉っぱ軸を引っ張る

 

 

パキラ枯れた葉っぱ取る

 

 

 

逆に簡単に取れない場合はそのままにしておきます。

 

時期がきたらその葉っぱも簡単に取れるようになります。

 

 

このようにパキラは不要な葉っぱは簡単に取れるようになっています。

 

そのためいくら葉っぱが枯れたとはいえ、

 

枯れた葉っぱだけを剪定バサミで切ったり、

 

軸ごと切ったりなどは不要なのです。

 

 

パキラは自然と葉っぱを落としてしまうのです。

 

そしてこのように葉っぱを取り除いてしまうと、

 

徒長したようになってしまいます。

 

パキラ徒長

 

 

これは冬場の寒さでこうなってしまうので仕方のないことなのです。

 

このように徒長した枝はパキラの剪定時期に切り戻し樹形を整えます。

 

パキラの剪定時期は5月〜7月なので、

 

その時期に行うようにして下さい。

 

 

徒長したパキラの剪定方法は下記ページをご覧ください。

 

パキラの育て方 | 目的にあった剪定方法

 

 

スポンサードリンク