冬越しで葉が落ちたパキラを剪定しよう

スポンサードリンク

冬越しで葉が落ちたパキラを剪定しよう

 

パキラなどの観葉植物は熱帯地方が原産のものが多く、

 

寒くなる日本の冬では、どうしても葉が落ちたり枯れたりします。

 

 

ある程度大きくなったパキラは体力もあり耐えられますが、

 

小さくなるほどダメージが大きくなります。

 

 

これは私が育てているパキラです。

 

これが冬越しをする前のパキラ。

 

パキラ冬越し前

 

 

そしてこれが一冬を越したパキラ。

 

パキラ冬越し後

 

一気に葉っぱがなくなりました。

 

 

こうなると枯れていると思う方もいるかもしれませんが大丈夫です。

 

下の方を見てみると緑の葉っぱがあるので枯れていません。

 

 

 

今年の3月まではもう少し葉っぱもあったのです。

 

でも、3月の急に暖かくなったり寒くなったりで、

 

こんな姿になってしまいました。

 

 

 

このままでは見た目も悪いので剪定することにします。

 

これからは暖かくなるばかりなので剪定しても問題ありません。

 

 

まずは間延びした枝を剪定します。

 

成長点を探し成長点の上から枝を剪定します。

 

パキラ剪定

 

剪定する時はよく切れるハサミを使って剪定するようにしましょう。

 

 

しばらくするとこの成長点から新芽が伸びてきます。

 

成長点に関しては以前の記事で書いていますので、

 

下のリンクより読んでみて下さいね。

 

パキラの育て方 | パキラの成長点とは

 

 

枯れた葉っぱも取り除きます。

 

この枝の上には新芽がでていますが、

 

間延びしているので、真ん中あたりで剪定します。

 

パキラの葉が枯れた

 

 

剪定したらこんな感じになります。

 

パキラの葉が冬越しで落ちたので剪定した

 

もう少し短く切っても良かったのですが、

 

この位で大丈夫でしょう。

 

 

冬越しで葉っぱが落ちてしまい、葉が全くないパキラでも、

 

枝を剪定してみて、枝にみずみずしさがあれば枯れていませんので、

 

成長点の上の方で剪定してしばらく様子を見てみましょう。

 

 

枯れていなければ成長点から新芽が出てきます。

 

それを育てていけばパキラも元通りに復活します。

 

 

パキラは観葉植物の中でも比較的強い方なので、

 

枯れたと諦めずに剪定して様子を見てみましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク

関連ページ

季節にあった水のやり方
水やりの方法は観葉植物のパキラを育てる上で一番重要なことです。間違った水のやり方をすると、最悪の場合パキラを枯らしてしまう恐れがあります。水のやり方は季節ごとに異なりますので、このページを読んで季節にあった水のやり方をマスターしましょう。
剪定のやり方
パキラを長く育てていると株を大きくしたいとか、好みの大きさにしたいと思うようになってきます。その時に行うのが剪定です。その他にも葉が多く茂りすぎると風通しが悪くなり病気が入る場合もあります。その病気を押さえる目的で剪定を行う場合もあります。
目的にあった剪定方法
パキラを剪定する大きな目的は、徒長した枝を切り戻すことと、葉の茂りすぎを解消するためです。徒長した枝はパキラの生育上そんなに大きな問題ではありませんが、葉の茂りすぎは風通しが悪くなり病気の原因にもなってしまいますので、適切な剪定が必要です。
パキラに適した用土と肥料
パキラなどの観葉植物にとって用土と肥料は大事なものです。これを間違ってしまうと、成長の妨げにもなりますし、なにより枯れてしまう最大の原因となってしまいます。そこでこのページではパキラにあった用土、肥料のやり方を分かりやすく解説します。
ハイドロカルチャーとは
ハイドロカルチャーとは土を使わない栽培方法の事をいいます。土を使わないというと水耕栽培をイメージされる方がいるかもしれませんが、ハイドロカルチャーは水耕栽培ではなく水栽培のことです。ハイドロボールなどの多孔性のものを使い栽培します。
ハイドロカルチャーの管理方法 | 水やりと肥料
ハイドロカルチャーは土を使わず代わりにハイドロボールなどを使って栽培する方法です。その為通常の鉢植えとは管理方法が異なります。ここではハイドロカルチャーの水やりや肥料をやるタイミングなどの管理方法を分かりやすく説明します。
パキラが徒長する原因
パキラを育てていると枝がひょろっと長くなってくる場合があります。これを徒長と言います。パキラが徒長する原因は日照不足です。太陽の光が少なくなると、太陽の光を求めて枝を伸ばすのです。これが徒長する最大の原因となります。パキラの徒長を防ぐ対処法
パキラの育て方 | 木質化した部分から剪定してみた
パキラを長く育てていると、緑の茎がだんだんと茶色く、そして固くなっていきます。このことを木質化といいます。パキラの中にリグニンという物質が増えてきて木質化します。リグニンとは木質化に関係する高分子化合物です。木質化した部分は強固になります。
パキラの成長速度について
パキラは比較的育てやすく成長速度も早い植物です。剪定してからすぐに脇芽をだし伸びていきます。そんな成長速度の速いパキラを実際に剪定して、どの位の日数で新芽がでて、そこからどのくらいの日数で、どの位の長さになるのかを検証してみました。
パキラの実生株と挿し木の見分け方
パキラの実生株と挿し木の見分け方を書いています。パキラは実生と挿し木で作られることがほとんどです。日本で流通しているパキラは実生株か挿し木で作られた株のどちらかなのです。実生は種から育てられた株の事をいいます。挿し木は剪定した枝を使います。
パキラが枯れる原因とは
パキラは比較的育てやすい観葉植物です。でも、育て方によっては枯れてしまう場合があります。パキラの枯れる原因は、水やりの失敗や根腐れ、根詰まりなどがあります。この他にもハイドロカルチャーにしたことや置き場所が原因でも枯れることもあります。
パキラの成長点とは
パキラを含めた植物には成長点というものが存在します。その成長点がどういうものかというと、植物は細胞が分裂することにより成長していきます。その細胞分裂が頻繁に行われるところが成長点になります。成長点は通常植物の上の方にあります。
100均で買ったパキラの育て方
パキラは観葉植物の中でも比較的育てやすく、観葉植物を始めて育てる方にもお勧めです。最近は100均でもパキラが販売されるようになってきました。100均で販売されるようになってきたので、パキラも以前に比べれば手に入りやすくなりました。
冬に向けての準備
これからだんだんと寒くなっていきます。そこでここではパキラの冬場の管理に向けての準備のやり方を紹介します。ここでちゃんと準備しておかないと、寒くなった冬場にパキラを枯れさせてしまう可能性がありますので、万全の準備をしましょう。
パキラなどの観葉植物の冬の育て方
いよいよ寒くなってきましたね。寒くなってくると気を付けないといけないのが、パキラなどの観葉植物です。パキラなどの観葉植物の多くは熱帯地方が原産なので寒さに弱いのです。そこでここではパキラなどの観葉植物の冬の育て方を紹介します。
冬の育て方のちょっとしたコツ
寒くなってきましたね。こう寒くなってくるとパキラなどの観葉植物の管理が難しくなってきます。今まで心を癒してくれていたパキラなどの観葉植物。できれば枯らさずに春を迎えたいですよね。そこで今日はパキラなどの観葉植物の冬の育て方のちょっとしたコツをお伝えします。
パキラの葉っぱが枯れてきてもこうなっていれば大丈夫!?
最近、寒い日が続きますね。こう寒いとパキラなどの観葉植物にとっては辛い時期になります。本来パキラなどの観葉植物は熱帯地方の植物だからです。日本の冬は寒く部屋の温度が5度を下回る時もあります。パキラは5度を下回ると枯れるおそれがあります。
3月は天気の良い日は太陽の日差しに当てましょう。
今日から3月。パキラなどの観葉植物につらい冬ももう少しで終わります。4月になれば暖かい日が続くので、寒さで枯れることもありません。でも、3月はまだ寒い日がありますので、パキラなどの観葉植物は油断しないように育てなければいけません。
パキラの枯れた葉っぱは切るの?
ようやく少しずつ暖かくなってきましたが、冬の寒さでパキラの葉っぱが、黄色く変色してしまった方も多いのではないでしょうか?その変色した葉っぱを放置しておくと見た目が悪く、それにパキラがなんだか枯れていくような気がして不安になってしまいます。
パキラに肥料をあげよう
5月に入り段々暖かくなってきましたね。厳しい冬を越えたパキラもどんどん新芽を出してきています。パキラなどの観葉植物も人間と同じで、成長するためには栄養が必要となります。そこで今日はパキラの肥料の与え方を紹介したいと思います。
初心者必見!パキラを育てる上で押さえておきたい5つのポイントとは?
パキラ育てていくうちに、そんなにきっちりじゃなくてもいいんだと分かってきました。もちろん、押さえなければいけないポイントはあります。そこさえ押さえていれば、手抜きしても大丈夫だという事です。パキラを育てていく上で重要なポイントを紹介します。
冬に枯れるリスクを減らす為の3つの方法とは?
10月に入り段々と寒い日が多くなってきました。これから迎える冬はパキラなどの観葉植物にとっては育てづらい季節になります。夏と同じような育て方をしていると冬に枯れるリスクが高まります。そこで今日は冬に枯らさないための3つの方法を紹介します。
観葉植物を冬越しさせるために寒さ避けのカバーを作ろう!
観葉植物が冬を越すためには最低温度が5度以上必要になります。でも、日本の冬は室内でも5度を下回る場合が出てきます。最低温度を下回った室内でも観葉植物が冬を越すためには寒さ避けが必要です。そこで今日は寒さ避けのカバーの作り方を紹介します。