冬越しで葉が落ちたパキラを剪定しよう

 

パキラなどの観葉植物は熱帯地方が原産のものが多く、

 

寒くなる日本の冬では、どうしても葉が落ちたり枯れたりします。

 

 

ある程度大きくなったパキラは体力もあり耐えられますが、

 

小さくなるほどダメージが大きくなります。

 

 

これは私が育てているパキラです。

 

これが冬越しをする前のパキラ。

 

パキラ冬越し前

 

 

そしてこれが一冬を越したパキラ。

 

パキラ冬越し後

 

一気に葉っぱがなくなりました。

 

 

こうなると枯れていると思う方もいるかもしれませんが大丈夫です。

 

下の方を見てみると緑の葉っぱがあるので枯れていません。

 

 

 

今年の3月まではもう少し葉っぱもあったのです。

 

でも、3月の急に暖かくなったり寒くなったりで、

 

こんな姿になってしまいました。

 

 

 

このままでは見た目も悪いので剪定することにします。

 

これからは暖かくなるばかりなので剪定しても問題ありません。

 

 

まずは間延びした枝を剪定します。

 

成長点を探し成長点の上から枝を剪定します。

 

パキラ剪定

 

剪定する時はよく切れるハサミを使って剪定するようにしましょう。

 

 

しばらくするとこの成長点から新芽が伸びてきます。

 

成長点に関しては以前の記事で書いていますので、

 

下のリンクより読んでみて下さいね。

 

パキラの育て方 | パキラの成長点とは

 

 

枯れた葉っぱも取り除きます。

 

この枝の上には新芽がでていますが、

 

間延びしているので、真ん中あたりで剪定します。

 

パキラの葉が枯れた

 

 

剪定したらこんな感じになります。

 

パキラの葉が冬越しで落ちたので剪定した

 

もう少し短く切っても良かったのですが、

 

この位で大丈夫でしょう。

 

 

冬越しで葉っぱが落ちてしまい、葉が全くないパキラでも、

 

枝を剪定してみて、枝にみずみずしさがあれば枯れていませんので、

 

成長点の上の方で剪定してしばらく様子を見てみましょう。

 

 

枯れていなければ成長点から新芽が出てきます。

 

それを育てていけばパキラも元通りに復活します。

 

 

パキラは観葉植物の中でも比較的強い方なので、

 

枯れたと諦めずに剪定して様子を見てみましょう。

 

 

スポンサードリンク