パキラの挿し木で失敗する理由

スポンサードリンク

パキラの挿し木で失敗する理由

 

パキラの挿し木で失敗する理由は複数あります。

 

パキラの生命力は強く挿し木でも簡単に増やすことが出来ます。

 

パキラの挿し木がどんなに簡単だと言っても、

 

やり方を間違ってしまうと失敗してしまいます。

 

ここではパキラの挿し木の失敗する理由を解説します。

 

パキラ挿し木

 

 

挿し木をする時期

 

挿し木をする時期はパキラの場合は6月から8月です。

 

これ以外の時期で挿し木をした場合は失敗してしまいます。

 

 

切る場所

 

パキラを挿し木にする場合は新梢を使います。

 

新梢の方が生命力が強いので挿し木で成功する確率は高くなります。

 

木質化したものでも挿し木にできますが、失敗する可能性は高くなります。

 

 

挿し木の切り口

 

挿し木をする時はまっすぐに切るのではなく斜めに切るようにします。

 

パキラ挿し木切り口

 

こうすると表面積が大きくなりますので、水を吸い上げる力も強くなります。

 

まっすぐに切ってしまうと表面積が狭く水を吸い上げる力も弱く失敗してしまいます。

 

 

挿し木の切り方

 

挿し木する場合は良く切れるハサミでスパッと切ります。

 

パキラ挿し木ハサミで切る

 

切れないもので切ってしまうと切り口の細胞を壊してしまいます。

 

細胞が壊れてしまうと挿し木に失敗してしまいます。

 

 

挿し木の用土や水の問題

 

土で挿し木して失敗する場合は、用土があっていないからです。

 

挿し木に使う用土は挿し木用の無菌のものです。

 

肥料分のある用土を使ってしまうとバクテリアや雑菌がいますので失敗してしまいます。

 

水挿しで失敗する場合は水質の悪化が原因です。

 

水質が悪化すると挿し木が腐って失敗してしまいます。

 

水質の悪化を防ぐためには下のリンクページをご参照ください。

 

挿し木の水質悪化を防ぐためには?

 

まとめ

 

パキラの挿し木で失敗してしまう原因は大きくこの5つです。

 

パキラの挿し木で失敗しないためにも、この5つの事には注意しましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク

関連ページ

パキラを挿し木で増やそう
パキラは挿し木で簡単に増やすことが出来ます。観葉植物を増やす方法の最もポピュラーな方法が挿し木です。パキラの挿し木に適した時期は6月から8月にかけてになります。パキラを挿し木で増やしたい場合はこの時期に挿し木にするといいでしょう。
水で挿し木する方法
パキラを増やす方法はいくつかありますが、今回は挿し木を水で行う方法を説明します。挿し木に使う枝は新梢などの元気の良い枝を使うようにします。もちろん剪定した枝でも挿し木で増やすことはできます。でも、元気の良い枝を使った方が成功率は上がります。
土で挿し木する方法
パキラを挿し木で増やす方法はいくつかありますが、今回は土を使って挿し木をする方法を説明します。挿し木に使う枝は新梢の枝を使うようにしましょう。これは伸びてきたばかりの枝なので生命力が強いので、挿し木にするには最適です。
挿し木の水質悪化を防ぐためには?
パキラを挿し木で増やす場合、一番簡単な方法は水で挿し木する方法です。私の経験上、土よりも水の方が挿し木の成功率は高いです。でも、挿し木は100%成功するものではありません。水で挿し木して失敗する一番の原因は水質の悪化です。
木質化した枝で芽や根はでるのか?
パキラは挿し木で簡単に増やすことができます。でも、挿し木で使うのは緑色をした新梢を使う場合が多いのです。パキラはしばらくすると緑の部分は茶色くなり木質化してきます。新梢に比べ木質化した枝は挿し木には不向きと言われています。
パキラを水挿しにしてみました。
パキラは水挿しなどの挿し木で比較的簡単に増やすことができます。水挿しの挿し木でパキラを増やすことが出来れば、自分の好きなところにパキラを飾る事が出来ます。挿し木は難しそうですが、水挿しであれば初心者の方でも簡単に挿し木にすることができます。
パキラの水挿しした挿し木を土に植えてみました。
パキラの水挿しした挿し木から新芽が伸びてきました。このまま水挿しにしておいても良いのですが、それだと根が伸びてきません。その理由は常に水があるからです。それに水挿しでは水質の悪化で枯れてしまう恐れもあります。そこで土に植えてみました。
パキラの木質化した枝を水栽培してみた。
パキラの木質化した枝を水栽培にしてみました。パキラは挿し木でも簡単に増やすことが出来ます。通常、パキラを挿し木にする場合は新梢を使います。新梢を使う理由は生命力が強いからと言われています。でも、今回はあえて木質化した枝を使って水栽培します。