パキラの木質化した枝を水栽培してみた。

 

パキラの木質化した枝を水栽培にしてみました。

 

パキラは挿し木でも簡単に増やすことが出来ます。

 

通常、パキラを挿し木にする場合は新梢を使います。

 

新梢を使う理由は生命力が強いからと言われています。

 

パキラ新梢

 

 

パキラの樹形がおかしくなったので先日剪定しました。

 

その剪定した枝を挿し木にし水栽培にしてみました。

 

今回剪定した枝は40cm程度長さがあったので、

 

木質化した部分が2つと新梢の部分と3つに切って、

 

それぞれ水栽培にしました。

 

パキラ木質化水栽培

 

 

水栽培をしばらくしていると変化がでてきました。

 

変化が出てきたのは、通常生命力が強いとされている新梢の部分ではなく、

 

剪定した根元に近い木質化した部分でした。

 

この木質化した部分から新芽が出てきました。

 

パキラ木質化新芽

 

 

それからしばらく水栽培のまま様子を見ていると、

 

葉っぱが展開してきました。

 

パキラ木質化葉っぱ展開

 

水栽培は水質が悪化すると枯れてしまう場合があります。

 

せっかくパキラの木質化した枝の挿し木から、

 

葉っぱが展開してきたので枯らさないようにしないといけません。

 

そのためには水栽培の水質を保つ必要があります。

 

 

水栽培の水質を保つ方法は別のページに書いていますので、

 

下記リンクページから読んでみて下さいね。

 

挿し木の水質悪化を防ぐためには

 

 

挿し木は今回葉っぱが展開してきた枝の他に2本ありますが、

 

他の枝には新芽はでていません。

 

新梢の部分は葉っぱがついていたのですが落ちてしまいました。

 

どうも他の挿し木は失敗したようです。

 

 

同じように水栽培していたのですが違ってきましたね。

 

これは枝の状態にもよるからです。

 

やはり挿し木を成功させるには生命力の強い枝を使わないといけませんね。

 

 

スポンサードリンク