パキラなどの観葉植物の冬の育て方

 

いよいよ寒くなってきましたね。

 

寒くなってくると気を付けないといけないのが、

 

パキラなどの観葉植物です。

 

パキラなどの観葉植物の多くは熱帯地方が原産なので寒さに弱いのです。

 

そこでここではパキラなどの観葉植物の冬の育て方を紹介します。

 

 

極端な温度変化を起こさないようにする。

 

観葉植物とストーブ

 

冬で一番気を付けないといけないのが極端な温度変化です。

 

冬はストーブなどの暖房器具を使いますよね。

 

そして夜、眠るときは暖房をきります。

 

すると部屋の温度は一気に下がってしまいます。

 

人間でもそうですが極端な温度変化にはついていけません。

 

パキラなどの観葉植物も同じです。

 

そこでパキラなどの観葉植物を置いている部屋では、

 

極端な温度変化を起こさないように気を付けます。

 

暖房を切った部屋は周囲から温度が下がってきます。

 

そのためパキラを部屋の中央に寄せたり、

 

窓のカーテンはもちろん、雨戸があれば閉めるようにすると、

 

極端な温度変化を防ぐことができるようになります。

 

窓に断熱シートを貼るのもお勧めです。

 

最近では100均にも売ってありますよね。

 

 

パキラの冬の水のやり方

 

パキラに水を与える

 

パキラなどの観葉植物は冬の水やりが一番難しいと思います。

 

少ないと水切れしてしまいますし、多すぎると根腐れを起こしてしまいます。

 

冬にパキラなどの観葉植物が枯れる原因は、

 

水のやりすぎによる根腐れです。

 

冬は寒さでパキラなどの観葉植物の活動も低下してしまいます。

 

その低下した状態に水を与えすぎると、

 

水を吸い上げる力が弱く常に湿った状態になるので、

 

根腐れを起こしてしまうのです。

 

そうならないためにも冬は水を少なめに与え、

 

乾かし気味に育てるようにします。

 

 

暖房で乾燥した部屋では葉水を与えましょう

 

パキラに葉水をスプレーで与える

 

ストーブなどの暖房を入れていると部屋が乾燥してしまいます。

 

部屋が乾燥しているとパキラなどの観葉植物は葉から蒸散し、

 

どんどん水分を失ってしまいます。

 

そのため、パキラなどの観葉植物を置いている部屋では、

 

部屋の乾燥を防ぐために加湿器などで加湿し、

 

パキラなどの観葉植物には葉水を与えるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

とはいえパキラは他の観葉植物に比べ寒暖の差に比較的強いので、

 

そこまで神経質になる必要はありません。

 

寒さで多少葉が変色したり落葉したりしますが、

 

普通に育てていれば滅多な事では枯れることはありません。

 

冬場の管理のポイントは、

 

極端な温度変化を避け、水は乾かし気味にして、

 

乾燥した部屋では葉水を与えるようにします。

 

冬の水のやりすぎは致命傷になりやすいので、

 

注意して育てるようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク