挿し木の水質悪化を防ぐためには?

 

パキラを挿し木で増やす場合、一番簡単な方法は水で挿し木する方法です。

 

パキラの挿し木

 

私の経験上、土よりも水の方が挿し木の成功率は高いです。

 

でも、挿し木は100%成功するものではありません。

 

水で挿し木して失敗する一番の原因は水質の悪化です。

 

水質が悪化することにより、パキラの挿し木の枝が腐ってきて失敗するのです。

 

そのため、挿し木の水質の悪化には注意しなければいけません。

 

 

水質の悪化を防ぐためには?

 

水質の悪化を防ぐために最も効果的なのは、

 

こまめに挿し木の水を交換することです。

 

挿し木の水質が悪化する原因は、細菌や藻などの繁殖によるものです。

 

こまめに水を交換することにより、細菌や藻などの繁殖を抑えることが出来ます。

 

 

水質の浄化作用のあるものを使う

 

挿し木の水質の悪化を防ぐために、

 

水質の浄化作用のあるものを使う方法もあります。

 

水質の浄化作用のあるものにゼオライトというものがあります。

 

カラーゼオライト

 

ゼオライトはハイドロカルチャーの材料にも使わるものです。

 

ゼオライトは多孔質でイオン交換性質を持っているので水質浄化作用があります。

 

最近は100円均一でも販売されています。

 

 

まとめ

 

挿し木は水でやる方法が簡単ですが、水質の悪化で失敗してしまいます。

 

そのため、成功率をあげるためにも水質の悪化には気を使う必要があります。

 

パキラの挿し木

 

こまめな水の交換と水質浄化作用のあるものを使うと、

 

水質の悪化を防ぐことが出来ます。

 

 

スポンサードリンク